11月 162014
 

シネマトゥデイ によると。

 俳優のブラッド・ピットとローガン・ラーマンが15日、六本木の東京ミッドタウンで行われた映画『フューリー』来日記者会見に出席。二人は、写真撮影の際にじゃれ合いながら、ローガンの頭にブラッドがキスをしてみせるなど、撮影で育んだ深い絆を感じさせた。

 昨日14日に、羽田空港に降り立ったばかりの二人。ローガンは3年ぶり3度目の来日。一方のブラッドは、8月に女優のアンジェリーナ・ジョリーとの結婚が報じられて以降、初の来日とあって、左手の薬指には指輪がキラリ。今回が10度目の来日となり、「とにかく日本が大好きなんだ。来るたびに驚きがあるよ。写真をいっぱい撮って子供たちに送っていて、日本のおもちゃをたくさん買ってきてくれと言われている」と笑顔。ローガンも、日本に対して「1回目に来たとき、瞬時に恋に落ちたんだ」と賛辞を惜しまなかった。

 本作は、第2次世界大戦末期、「フューリー」と命名された戦車でナチスドイツ相手に戦う5人の兵士たちの姿を追った戦争ドラマ。劇中でブラッドは、複雑な感情を抱えながら兵士を率いるフューリーの指揮官ウォーダディーに、そしてローガンは、戦闘経験のない新兵ノーマンにふんしている。

 撮影前、ブラッドを含めた主要キャストは、食料の調達を自ら行う、軍人になりきるための合宿を行ったという。「5人の俳優から1週間、カプチーノを取り上げて、携帯も使えなくしたらどうなるのかと思ったんだ」というブラッドは、「エリート軍人が合宿プログラムを作ってくれたんだけど、はっきり言って最悪だった。ここまでやらされるのか、とね」と笑顔。ローガンも「睡眠もとれないし、肉体的にも精神的にも苦痛を重ねた。お互いのサポートがないと達成できないプログラムだったから、これをきっかけに家族になることができたんだ」と振り返っていた

 Posted by at 9:36 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>