カテゴリー別アーカイブ: ネットの話題

羽生結弦首位発進、スピン0点も「明日につなげるよう」

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート男子で五輪(オリンピック)2連覇の羽生結弦(23=ANA)が平昌(ピョンチャン)冬季五輪以来初実戦のSPで97・74点と高得点をマークし、首位発進した。五輪後は右足首の治療のため、1カ月間療養に専念し、3月の世界選手権は欠場。これが2月17日の五輪フリー以来、217日ぶりの実戦復帰となった。

新たなプログラムは「秋によせて」。「自分のために滑りたい」という思いから、幼少期に憧れた米国のジョニー・ウィアー氏がかつて使用した曲を選んだ。上半身が白と青の華やかな衣装に身を包んだ羽生は、ゆったりと滑り始め、冒頭の4回転サルコーをきれいに着氷。得意の3回転半も美しく決めた。4回転トーループ、3回転トーループの連続技はやや乱れたものの、最後は情感込めた美しいステップで王者の風格をみせつけた。スピンが0点になるなどミスもあったことから、試合後は「悔しいです」と話したが、「ジャンプ跳べてなんぼだと思うので、まとまったのはよかった」と3つのジャンプすべてを跳べたことを喜んだ。

五輪2連覇の王者として臨むシーズン。8月には「スケートを楽しむこと自体を感じながら滑りたい」と話していたが、それでも試合の緊張感は変わらなかった。「いつも感じていたとおり、不安はありました。それはけがから、ということだけでなくて、新しいプログラムであったり、そういうことに起因していると思う。試合でジャンプを跳ぶこととか、スピン、ステップやることを久しぶりに味わうことができたので、これを明日につなげるようにしたいです」。

22日(日本時間23日)のフリーでは、憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏にオマージュをささげる「Origin(オリジン)」を初披露する。

羽生結弦「自分のために滑る」今季の初戦は21日開幕

日刊スポーツによると。

フィギュアスケート男子でオリンピック(五輪)連覇の羽生結弦(23=ANA)が、新シーズン初戦を迎える。オータム・クラシック(カナダ)が20日(日本時間21日)に開幕する。羽生は、21日(同22日)の男子ショートプログラム(SP)で、今年2月の平昌(ピョンチャン)五輪後初めての試合を迎える。

五輪後は右足首の治療のために1カ月間スケートができなかった。8月には拠点のトロントで、新しいプログラムであるSP「秋によせて」、フリー「Origin(オリジン)」を披露した。「自分のために滑る」という、シーズンに向けて出陣する。

第1日の20日は女子SPが行われ、世界選手権銀メダルの樋口らが出場。同五輪銀メダルのメドベージェワ(ロシア)も出場する。

浅田真央&石川佳純が初ツーショット

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央(27)と卓球女子の石川佳純(25=全農)が19日、都内で行われたエアウィーヴの新商品発表会で初対面した。

 真央は白の和装姿、石川は赤を基調としたエレガントな衣装で登場。真央が「佳純ちゃんとお会いしたかった。今日はワクワクして来ました」と言うと、石川も「ずっとお会いしたいなと思っていた。すごくうれしいです」と呼応し“相思相愛”をアピールした。

 真央は先輩アスリートとして東京五輪を目指す石川に「とにかくケガをしないようにして最後まで自分の思う夢、目標をかなえてもらいたいな」とエール。石川も「後悔のないように一日、一日を過ごして、最高の形で東京五輪を迎えられたらいいなと思います」と約束した。

 また、石川はテニスの全米オープン女子シングルスを初制覇した大坂なおみ(20=日清食品)に刺激を受けたことを明かし「同じ事務所ということもあって、なおみちゃんと呼ばせていただいている。全米で優勝、本当にすごいなと思いました。東京五輪に向けてすごく刺激をもらいましたし、自分自身も活躍できるように頑張りたい」と気合を入れた。

宮原知子、今季初戦から200点超えで頂点に立った。

日刊スポーツ によると。
ショートプログラム(SP)首位で平昌五輪4位の宮原知子(20=関大)がフリーもトップの133・70点で合計201・23点とし、今季初戦から200点超えで頂点に立った。

新フリー「インビエルノ・ポルテノ」を、黒を基調に赤を加えた衣装で実戦初披露。冒頭の3回転サルコーが空中で抜け、続く3回転ルッツで転倒するなど出だしでつまずいたが、演技終盤に2つの連続ジャンプ、1つの3連続ジャンプを決めるなど立て直した。3つのスピンとステップは全て最高評価のレベル4。演技直後はあまり表情を変えることなく、得点の発表を待っていた。

宮原は今季について「リセットのシーズン。新しいことにチャレンジするシーズンにしたい」とテーマを設定している。今後はフリーのみのジャパン・オープン(10月6日、さいたまスーパーアリーナ)を経て、グランプリ(GP)シリーズ初戦のスケートアメリカ(10月19~21日、米エバレット)に向かう。

宇野昌磨が3連覇、新フリー「月光」で転倒も笑顔

日刊スポーツ によると。

ショートプログラム(SP)首位で、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)がフリー172・05点の合計276・20点で3連覇を果たした。

上半身が白、下半身が黒の衣装で新フリー「月光」を実戦初披露。冒頭の4回転サルコーが乱れたが、続く4回転フリップをこらえ、4回転トーループも成功させた。

中盤はトリプルアクセル(3回転半)で転倒するなど、完璧な演技とはいかなかったが、今季のルール改正で30秒短縮された4分の演技を体験。演技後は右膝に手をつき、疲れた表情を見せながらも笑顔だった。

3年連続で国際大会初戦にロンバルディア杯を選び、現地ベルガモでの人気も急上昇中。収穫と課題を手に、ジャパン・オープン(10月6日、さいたまスーパーアリーナ)を経て、グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(10月26~28日、ラバル)へと進んでいく。

羽生結弦が新プログラム公開、少年時代への原点回帰

日刊スポーツ によると。

平昌五輪フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が30日、カナダ・トロントで練習を公開し、今季の新プログラムを発表した。ショートプログラム(SP)は「秋によせて」、フリーは「Origin(オリジン)」。SPはジョニー・ウィアー氏が過去にフリーで演じたもの、フリーはエフゲニー・プルシェンコ氏が「ニジンスキーに捧ぐ」という題名で使用した曲を土台にしており、2人に憧れてスケートにのめりこんだ少年時代への原点回帰をテーマとした。

昨季までを「自分のスケートをしなくてはいけないとか、期待に応えなくては、結果を出さなくてはというプレッシャーがあった」と振り返り、今季は「初心に帰り、自分のために」滑ると語った。フリープログラムについては「自分がこれから挑戦したいアクセル(4回転半ジャンプ)だったり、スケートを楽しむこと自体を感じ、自分のスケート人生の始まり、根源を感じながら滑りたい」。夢の4回転半ジャンプは、まだ実戦で入れる予定はないが「今季中には入れたい」とした。

小室圭さん「結婚の条件」と「急転直下の留学」決断の裏側…秋篠宮は、まさか本当に行くとは思っていなかった。

現代ビジネス によると。

 本誌既報のとおり、小室圭さんは米国留学する。だが秋篠宮は、まさか本当に行くとは思っていなかった。急転直下の奇襲作戦だったのだ。運命の分かれ目となるNY行きの真実を、ここに明かそう。
圭さんのiPhone
 さっきから鼓動の高鳴りが止まらない。ここに賭けるしかない。念じるような気分で、iPhoneでメールを開いた。

 フォーダム大学ロースクールのアドミッション・オフィスから、ケイ・コムロ宛に他とは雰囲気の異なるメールが来ている。今年5月のことである。

 〈Congratulations! 〉

 合格だ。1行目が目に入った途端、笑みがこぼれ、親指を立てたという。小室圭さんの「海外脱出」が決定した瞬間である。

 眞子さまとの結婚延期が今年2月に決定して以来、圭さんは苦しい闘いを続けてきた。母・佳代さんの元婚約相手・A氏による「400万円借金」告発を契機に、じりじりと追い詰められたのだ。

 だが、打開のために「口約束」だけはしていたのである。3月9日、秋篠宮と圭さんが話し合った際の模様を、本誌は3月31日号でこう報じている。

 〈話のテーマは圭さんの進路の話に移ったという。

 「この後は、どうするつもりなの?」

 秋篠宮は、つとめてフランクに訊ねた。

 「いつか、米国留学して弁護士資格を取得するか、国内大学院のロースクールに通いたいのです」〉

 そう、小室さんの米国留学案は、とっくに秋篠宮に伝えられていたのだ。米国の複数の大学院に出願書類を送付してはいたものの、本格準備を開始したのは、結婚延期が決まった2月のことだ。

 米国ロースクールの適性試験「LSAT」の勉強はもちろん、難易度の高いエッセイの準備、推薦状の確保……。今年9月に入学しようと思えば、通常ならば前年の秋口には済ませておかねばならない種類の準備だ。

 それをわずか1~2ヵ月でこなさねばならない。結婚延期の焦り、マスコミ報道、眞子さまとの距離、秋篠宮の眼差し、法律事務所での勤務、すべてがストレスになった。
だが圭さんには、もはや後がなかった。

 「400万円の借金問題の解決に加え、今後のしっかりした進路を確定させることが、『秋篠宮2条件』と呼ばれる結婚条件でした。

 だが期限として区切られた’20年までに、2つを解決するのは、圭さんには事実上不可能ではないかと見られていたのです」(宮内庁関係者)